商品画像の縦横比は正方形?長方形?

ECモールの商品説明画像の縦横比は、正方形か、縦長長方形のどちらが適しているのでしょうか?

縦長長方形にする一番のメリットは「Amazonの商品ページをスマートフォンで閲覧したときに大きく表示される」点です。一方、楽天・ヤフーなどでは必ずしも大きく表示されるわけではなく、実際にスマートフォンで表示確認をしましたのでご覧ください。

長方形の画像は、スマートフォンではどのように表示される?

Amazon商品ページのスマホ(アプリ)表示

Amazonのデフォルトの商品ページは画像の横幅が固定されているため、縦長長方形の場合は画面占有率が高くなり、1枚の画像でよりたくさんの情報を見せることができます。

楽天市場商品ページのスマホ(アプリ)表示

楽天のデフォルトの商品ページは画像の高さが固定されているため、左右にスペースができ、長方形の画像は相対的に小さく表示されますが、画像をタップすることで大きく表示されます。

Yahoo!ショッピング商品ページのスマホ(アプリ)表示

ヤフーのデフォルトの商品ページは商品画像の高さが固定されているため、左右にスペースができ、長方形の画像は相対的に小さく表示されます。また、タップしても正方形の枠の中に画像が表示されるため、相対的に小さく表示されます。

確認したデバイス:Xiaomi Redmi Note9S
プラットフォームの仕様により表示は随時変わります。2022年7月現在の内容ですのでご了承ください。

長方形の画像は、パソコンではどのように表示される?

デフォルトの商品ページは楽天・ヤフー・Amazonとも商品画像の高さが固定されているため、長方形の画像は左右にスペースができ、相対的に小さく表示されますが、画像をタップすることで部分的に拡大表示されます。

Amazon商品ページのパソコン表示

商品画像に最適な画像サイズとは?

楽天・Yahooの商品画像サイズ

楽天・ヤフーの商品画像の大きさは、700×700px~上限1200×1200pxで依頼をいただくことが多いです(当サービスお客様実績)。

一般論として、最初に小さく作成して後から大きくすると、写真などのラスター画像は画質が粗くなります。例えば800×800pxで作成すると、後から1200×1200pxに修正することが難しくなりますので、後から他のモールで使う都合で大きくする可能性がある場合、最初から大きなサイズで作成する方が融通が利きます。

一方で、楽天でPCで閲覧したときの商品ページは、ポップアップ(別窓)で原寸表示したときに表示される範囲が限られているため、無駄に大きな画像を掲載しても、横スクロールしないと全体が表示されないようです。

Amazonの商品画像サイズ

Amazonでは1600px以上を推奨しています。

商品詳細ページで最適なズーム機能を使用するには、長辺が1600ピクセル以上必要です。

Amazonセラーセントラル

そのため、Amazonは長方形の場合1000×1500pxや1000×1600pxの画像を使用することが多く、正方形の場合は1600×1600pxで画像を用意すると、拡大してもきれいに表示されます。
※商品写真も相応する大きめの写真でないと、画像だけが大きくても写真がぼやけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
商品画像の最適な縦横比は、おもな用途がAmazon掲載用で、スマートフォンでの閲覧を重視したい商品ジャンルでは「長方形」(アスペクト比が1:1.5または1:1.6)が選択肢に。
それ以外は正方形にすると、様々なECモールで汎用性があるのではないかと考えます。

商品画像の最適なサイズは、モニターや通信速度の進化によって年々変化するので一概に「○〇pxが最適」とは言い切れない現状ですが、ご利用になっているECモールのガイドラインに従い、大きめに作成しておくのが無難です。