「自社で上手に商品撮影したい」
そんな風にお考えの方に、ご自身で商品撮影される場合のテクニックをご紹介します。

まずは、消費者に何を伝えるための写真か明確にして撮影することです。
特に「商品ディテール写真」と「イメージ写真」の2つは用途が異なるため、分けて考えることが大切です。

  1. 商品ディテール写真・・・商品の色・形・質感などを伝える写真
  2. イメージ写真・・・商品の世界観を伝える写真

それぞれ気を付けるポイントが異なりますので、詳しく解説していきます。

商品の色・形・質感を伝える「ディテール写真」の撮影テクニック

撮影のポイント
  • 実物と同じ色になるように
  • 様々な角度で
  • 商品特長を強調する
  • ピントを合わせる
  • なるべく歪みがないように(特に角ばった商品)
  • 商品と背景が同化しないように

実物と同じ色になるように

実物に最も近い色で撮影するには、日中に自然光のもとで撮影します。
レースのカーテンごしなどのやわらかい光を左から当てると、自然な立体感が出ます。
逆光(正面からの光)で商品の前に影が出ないようご注意ください。

一方、室内灯のもとで撮影された写真は、ディテール写真には不向きです。
蛍光灯では青っぽく、白熱灯のもとでは黄色っぽくなる上、全体的に暗くなりがちです。
当サービスで色補正いたしますが、実物の色に近づけるのが難しくなります。

様々な角度で

メイン画像は、正面より斜めの方が立体感が伝わります。
その他は「購入を検討している人が気になる部分」を撮影すると、訴求力のあるコンテンツに仕上がります。ただ、1枚の中にあれもこれも伝えようとすると難易度が高くなるので、目的ごとに1枚ずつ撮影することをおすすめします。

例)バッグ・・・正面、斜め、底面、内面、持ち手、ポケットの中、ファスナーの金具、底板、素材の質感、縫い目、容量がわかるよう荷物を入れた状態…等。

商品の特長を強調する

高額な商品で、素材や形状で他社製品と差別化したい場合は外せないポイントです。
例えば木目がきれいな木製品なら、木目のアップ写真は必須です。
メイン画像も、木目がはっきりわかるような角度がおすすめです。

ピントを合わせる

強調したい部分が決まったら、そこにピントを合わせるだけ。撮影したらぜひ拡大してご確認ください。
私が今までお客様からお送りいただいた写真の中には、微妙にピントが合っていなかったり、全体写真の端が少しだけ切れてる写真が意外と多く、非常にもったいないと思います。
三脚があれば手ブレを防げますので、撮影の機会が多い場合は1台は持っておくことをおすすめします。

なるべく歪みがないように

商品にあまり近づくと、パース(遠近感)が強く出て歪んでしまい、不自然な商品形状に見えてしまいます。
商品から遠ざかり、カメラのズーム機能で商品に近づくことで回避できます。
また、カメラのグリッド表示機能を使えば、水平に撮影することができます。

商品と背景が同化しないように

商品と背景が同化してしまうと、商品の形状が伝わりにくくなり、商品を切り抜く画像加工もスムーズにいきません。白い商品ならグレーのケント紙の上で撮影するなど、商品とは違う色の無地の背景でご撮影ください。

商品の世界観を伝える「イメージ写真」の撮影テクニック

イメージ写真は、敢えて影をくっきり見せてシャープな印象にしたり、おしゃれな小物と組み合わせてチープな雑貨をスタイリッシュに見せたりするための写真のことです。

撮影のポイント
  • 上下左右に余白をとる
  • 余計なものが写らない場所で
  • 脇役の小物の選び方も重要
  • 光の当て方に要注意
  • なるべく歪みがないように(特に角ばった商品)
  • 商品と背景が同化しないように

上下左右に余白をとる

写真に多少の余白があると、画像の端をぼかしたり空いたスペースにセールスコピーを入れる等、デザインのバリエーションが広がります。
また、撮影時は4:3や16:9などの比率で撮影していただいても使用時は1:1の正方形で使用する場合もありますので、正方形に切り取っても全体が写るよう配慮していたけると扱いやすいです。

余計なものが写らない場所で

背景は、自分の好みではなく消費者にどんなイメージを与えたいかによって選びましょう。例えば外で使う商材なら、外で撮影した方がイメージが沸きます。
商品の背景にコンセントの差込口など生活感のあるものが写っていたら、せっかくの商品が台無しです。
当サービスで加工することもできますが、撮影時に配慮していただけるとスムーズです。

脇役の小物の選び方も重要

統一された世界観の小物を一緒に撮影すると、雰囲気がグッと高まります。
ナチュラルな雑貨ならおしゃれな鉢に植えられたグリーンと共に。アクセサリーならドレープを入れたシルク生地を敷いて。
脇役だからと妥協せず、造花ではなく本物のグリーンを選ぶなど小物選びを慎重に行うと、ご自身でも充分素敵なイメージ写真を撮影できます。

光の当て方に要注意

イメージ写真に最適な光源は、伝えたいイメージによって異なります。
例えば重厚感やシャープな感じなどは、逆に夜にライトの元で撮影した方が雰囲気が伝わります。
今まで色々な写真素材を扱ってきましたが、プロカメラマンが撮影した写真は光の扱い方が抜群なので、
品質をよく見せたい商品は、プロカメラマンや撮影サービスに別途外注されることをおすすめします。

イメージ写真をご用意いただけない場合でも、当サービスでは、デザイン上イメージ写真があった方が良い場合は素材サイトの写真を使用しますのでご安心ください。

商品撮影(物撮り)で今までにご相談いただいた例

Q
商品写真の一部が、白くなってしまった
A

以下の方法で回避できます。

・白く飛んでしまう(白飛び)…撮影時に黒い板など(レフ板)で光を遮る
・黒くつぶれてしまう(黒つぶれ)…撮影時に部分的にライトを当てる

Q
カラーバリエーションがたくさんある商品を、メイン画像に全色掲載したい
A

カラーバリエーションがたくさんある商品をずらっと並べると、1つ1つの商品が小さく商品の形状がわかりづらくなります。
その場合、1カラーだけ前面に出してアップで、他のカラーは後方に並べて背景のように扱うと、1枚の中で「商品の形状」「カラーバリエーションが幾つもあること」の両方を伝えることができます。

まとめ

以上、自社で商品写真撮影(物撮り)する際のコツをお伝えしました。
写真の撮り方次第で売れる画像に変えられることがお分かりいただけましたでしょうか。
ECモール商品画像作成サービスで制作プランをご注文いただくと、更にイメージ写真やセールスコピーを追加して、より訴求力のある商品画像作成することが可能です。また、お客様に撮影のアドバイスも行っております。