売れる商品ページを作るために知っておいた方がよいキーワードと、その考え方を解説します。

デザインの専門用語

トンマナ

トンマナとは、デザインに一貫性を持たせて消費者にイメージを伝えるための色や書体のルール。トーン&マナーの略称。

フォント

フォントとは書体デザインのことで、消費者にイメージを伝えたり文章にメリハリをつけるための要素。
フォント制作会社や個人デザイナーがさまざまなフォントを開発しており、無料でダウンロードできるものから、1書体ごとに数万円程度で購入したり、サブスクリプションで多くのフォントを使用できるプランがある。

配色

配色とは色の組み合わせのことで、「色相」「トーン」の選定によって消費者に与える印象を左右する大切な要素。
画像は武蔵野美術大学 造形ファイルより引用。左が色相で右がトーン

インフォグラフィック

インフォグラフィックとは、難しい説明をわかりやすく説明したい時に使われる図表のこと。
画像デザインに限らずプレゼン資料などで幅広く用いられる。
例) 円グラフ、相関図など

視認性

視認性とは、パッと目に入った時の図形や文字の見やすさのこと。
例) グレーの背景に黒い文字が書いてあるより、白い背景に黒い文字が書いてある方が視認性が良い。

可読性

可読性とは、文字の読みやすさのこと。
例) 難しい漢字や専門用語が多い文章を、一部ひらがなに書き換えたりわかりやすいワードに置き換えると可読性が高くなる。

パース

パースとは、空間を表現するためのルール。
画像デザインの分野では、立体感のある複数の写真を合成したり、組み合わせてレイアウトする時に用いる。パースが揃っていない画像同士を組み合わせると不自然な仕上がりになる。
また、商品写真をあまり近くで撮影すると歪んでしまい(=パースが付きすぎる)、本来の形状がわかりづらくなる。

ラスタライズ・アウトライン化

ラスタライズ・アウトライン化とは、グラフィックソフト内でデザインされた文字を画像化する工程。
ラスタライズはラスター画像の画像化、アウトライン化はベクター画像の画像化のこと。
デザイナーは一般事務作業では使用しないデザイン性のあるフォントを使用するため、画像化せずにクライアントに引き渡すと別の書体に置き換わってしまうことがあり、どのPC環境でも同じデザインを再現したい場合にこの工程を用いる。ただし、画像化するとテキストの書き換えができなくなるデメリットがある。

ラスター画像

ラスター画像とは、テレビや写真のように小さなピクセル(粒)の集合体でできた画像のこと。
グラデーションなど色の微妙な調整がしやすく、グラフィックソフトの【Photoshop】がこの方式を採用。引き伸ばしたり変形すると画像がぼやけたり、線がギザギザになる。
画像は武蔵野美術大学 造形ファイルより引用

ベクター画像

ベクター画像とは、点と点を曲線や直線で結び、その位置関係がコンピュータ上で数値化された画像のこと。
拡大・縮小が容易で、グラフィックソフトの【Illustrator】がこの方式を採用。
写真の微妙な色調整などには向いていない。
画像は武蔵野美術大学 造形ファイルより引用


抜け感

抜け感とは、きっちりしすぎない軽やかな雰囲気のデザイン表現。主に若年層や女性に好まれる。

シズル感

シズル感とは、食品をおいしそうに見せるデザイン表現。
例)肉のジューシーさ、生鮮品のみずみずしさ
広義では食品に限らず、商品の見た目だけでは伝わりにくい五感を刺激するデザインやライティング表現を指す。
例)ぎっしり、もこもこ、つるん!

レタッチ

レタッチとは、グラフィックソフトなどを使用して写真を修正すること。商品画像では主に人物の肌を美しく見せる時に用いられるが、色調補正、不必要なものの除去、写真を合成するなど諸々の画像加工がレタッチに分類される。

ロケーション撮影までは手が回らない時におすすめの合成加工とは?

ランディングページの専門用語

ランディングページ(LP)

ランディングページとは、訪問客に何らかの行動を起こしてもらうために設計したWebページで、広告の着地(=Landing)ページという意味合いで使われる。
楽天などのECモールでは商品ページがそれに該当し、商品に魅力を感じてカートに入れる(=行動を起こす)人を増やすことがランディングページ制作の目的。アクセス数が多い商品ページほどメリットが大きい。

CVR(コンバージョン率、転換率)

CVRとは、商品ページのアクセス数のうち、購入や問い合わせに至った数の割合のこと。
アクセス数は多いがCVRが1%以下の商品ページは、ページの内容を見直すことで売上げの改善が見込まれる。

ブランディング

ブランディングとは、他社と差別化すること。
ブランディングすることで、同じ商品を販売している競合がいても、価格以上の価値を作ることができる。

訴求

訴求とは、顧客心理を利用して商品やサービスを購入するよう訴えかけること。

ターゲット

ターゲットとは、商品を購入してもらいたい客層のこと。
万人に無難な訴求するよりターゲットを絞った方が、訪問客に「自分のことだ!」と思ってもらえて結果的に購入率が上がりやすい。
例) 30代の働く女性

ペルソナ

ペルソナとは、ターゲット属性の中の特定の一人の人物像のこと。
商品開発をする時などに社内メンバーでイメージを共有し、その人物のニーズを満たすように開発を進めることができる。架空の人物ではなく実在する人物を設定した方が、リアルなニーズをヒアリングできるメリットがある。

権威付け

権威付けとは、その分野の専門家や、地位、権力のある人の発言や評価を表記することで、情報に信頼性を持たせること。

エビデンス

エビデンスとは、商品の良さや権威を信用してもらうための証拠資料。

エンブレム

エンブレムとは、「ランキング1位」「特許取得」など第三者が認めた評価を強調するためのあしらいのこと。王冠やリボンなど、一般的によく目にする表現が伝わりやすい。

サムネイル

サムネイルとは、ECモールでは検索結果のページに表示される画像のこと。
他社と差別化された戦略的なサムネイルを使用すると、商品ページのアクセス数が増加する。

悩み解決型

ニーズが顕在化していない商品に用いるセールスライティングの手法。型番商品など「指名買い」商品ではあまり意味がなく、商品によって使い分ける必要がある。
例) こんな悩みありませんか?この商品があれば解決します

ベネフィット

ベネフィットとは、商品の特長(メリット)によって消費者が得られる未来(顧客にとっての付加価値)のこと。ベネフィットが消費者に合致すると、その商品を手に入れたいと思わせることができる。

ディテール

ディテールとは、商品の詳細部分の説明のこと。
例) バッグの場合、ファスナーの金具や内側に使用されている布など。

マイクロコピー

マイクロコピーとは、ボタンの周辺などでクリックを促す短い文章のこと。

ECサイト向けWebマーケティング用語

客単価

客単価とは、1人の顧客が1回の購入時に支払う金額のこと。

カート

カートとは、「お買い物かご」ボタンのこと。

カゴ落ち

カゴ落ちとは、商品をカートに入れたにも関わらず購入しないこと。
カゴ落ちを減らすためには、商品ページで「今買うべき理由」を促したり、送料や決済方法を見直すなどの改善策がある。

クロスセル

クロスセルとは、商品の購入を検討している消費者に対し、関連する他の商品購入や希望している商品との同時購入を促し客単価を上げること。
例) 靴を購入したい消費者に防水スプレーを勧める。
カートのすぐ近くに他の商品を紹介し過ぎると、本筋商品の購入率が下がるので注意が必要。

アップセル

アップセルとは、商品の購入を検討している消費者に対し、ワンランク上の商品購入を促し客単価を上げること。
例) 10,000円の靴を購入したい消費者に、上位商品である12,000円の靴を勧める。
価格差があまり大きい商品は客層が異なるため、消費者の興味を引くことができないので注意が必要。

回遊

回遊とは、ECサイト訪問時に1つの商品だけでなく色々なページを見ること。
たくさんの商品ページを閲覧することで、店舗滞在時間が長くなるため購入される機会が高まる。

カスタマージャーニー

カスタマージャーニーとは、消費者の行動を「旅(=Journey)」に置き換えて、時系列で接点を分ける考え方。
例) ①商品を知る→②興味を持つ→③他社と比較・検討する→④購入する→⑤リピートする
※それぞれの接点での消費者の思考に合わせたマーケティング活動を行うと良いとされている。

SEO対策

検索経由で集客するための手段の一つ。
商品名などに、テキストで商品名以外のさまざまな関連ワードを入れて間口を広げること。

ROAS、CPA

予算をどの広告に充てるか、あるいはLPの改善に充てるかなどを判断をするための数値的な指標。
ROAS・・・広告費に対する売上の割合(広告の費用対効果)
CPA・・・新規顧客を獲得するためにかかった広告コスト

LTV

LTVとは、顧客が自社と関わりを持つ期間中にもたらしてくれる価値のことで、客単価、購入回数、定期購入品やサブスクリプションの場合は継続期間などが指標となる。